営業案件管理、受発注管理、進捗工程管理を効率化  クラウド業務改善ツール - 働くDB

導入事例:サイバーソリューションズ株式会社 様

インターネットやメールに関する各種パッケージソフトなどの開発・販売を手掛けていらっしゃるサイバーソリューションズ様。顧客管理のデータベースとして『働くDB』をご利用いただいています。

ご導入企業プロフィール

サイバーソリューションズ株式会社 様
http://www.cybersolutions.co.jp
業種
SaaSによるソフトウェア・サービス事業、ASP事業、メールに関する情報セキュリティ関連パッケージの開発・販売など
従業員数
28人(2009年2月現在)
ご利用目的
顧客管理、契約管理

導入前の課題

従来の顧客管理データベースでは操作性と視認性が悪い

森様
お話を伺った管理部
森 祐美子 様

あるWebデータベースを用いて顧客管理を行っていたのですが、管理項目がとても多くてデータが横に長くなってしまい、非常に見づらいものになっていました。しかも、入力もしにくかったんです。該当するお客様を探すのにもひと苦労していました。

また、それぞれのお客様との折衝状況などに応じて、適宜メールを配信しているのですが、手作業でメール配信しなければなりません。タイミング良く送る必要がありますが、送信先が多いので大変な手間がかかってしまいます。しかも、送信先と送信内容を間違えてしまわないように細心の注意を払って作業するため、かなりの負担を感じていました。

働くDBによる解決

新製品の発売を機に、『働くDB』で顧客管理

従来の顧客管理データベースが使いづらいということは、当社の社長も知っていました。ある時、社長から"『働くDB』を使ってみたら?"と指示が来たんです。社長がインターネット検索で見つけて、これは使えるかもしれないと判断したんですね。

ちょうど、SaaS型のメールサービスの発売を控えていたので、そのサービスの顧客管理データベースを『働くDB』で構築することにしました。オンラインデモや、営業の方がしてくれたデモを拝見して、操作が簡単で使いやすいという印象でしたね。質問に対しても、サポートの方がすぐに連絡をくださるので、ストレスなく作業ができました。

自動処理で進捗状況が変わるので、フロー管理が楽に

実際に『働くDB』でつくった顧客管理データベースの運用を始めてみて、大きなメリットを感じています。現在は、受注をいただいた企業様との段階的な折衝状況などのフロー管理に活用しています。データ上の処理が自動的に行えるので便利ですね。

具体的には、お客様への最終的な納入・運用開始に至るまでの一連の業務フローを、各段階ごとにいくつかの項目にわけて管理しているのですが、従来かかっていた変更、入力の手間を大幅に軽減することが可能になりました。

この顧客管理データベースを使うのは、お客様と直接折衝を行う営業担当の社員たちですが、皆、簡単で使いやすいと言ってますよ。

面倒だったメールの送信が自動でできる

お客様に対して、顧客管理データベースから自動でメール送信できる機能にも助かっています。

以前感じていた問題は、前にも述べたように、データベース上からのメール送信ができなかったこと。別途メーラーを立ち上げて、すべて手作業で入力・送信作業を行っていたんです。『働くDB』の導入によって、この作業がまったく不要になりました。タイムリーに、間違うことなくメール送信作業を自動処理するので、非常にありがたいですね。

働くDBで良かった理由

将来的には当社の顧客管理をすべて『働くDB』で!

現状では、SaaS型メールサービスのご契約をいただいているお客様に限って『働くDB』で管理していますが、今後は、契約前の見込み客の顧客管理にも利用したいですね。見積もりの作成も自動化できるので、有効だと思います。さらには、当社が抱えている、見込み客を含むすべてのお客様を『働くDB』で管理できるようにしたいと考えています。

導入前に感じていた問題やストレスが解消され、より操作性や視認性が高い顧客データベースをつくり上げることを可能にしてくれた『働くDB』。これまで以上に、ますます"働いて"もらうつもりです。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)