営業案件管理、受発注管理、進捗工程管理を効率化  クラウド業務改善ツール - 働くDB

導入事例:中央職業能力開発協会 様

ご導入企業プロフィール

中央職業能力開発協会 様
http://www.javada.or.jp/
業種: 職業能力評価、キャリア形成支援
働くDB使用人数: 150人
導入時期: 2011年4月

導入前の課題

■導入前の業務フロー
Step1:本部内の担当者や各都道府県にいる職業支援アドバイザーから、相談者のプロフィールや育成プログラムの進捗などを記載したエクセルを添付したメールが管理部門に届く 

Step2:管理部門にて、内容によってバラバラに分かれているデータベースに手動入力

Step3:各データベースで入力内容に誤りなどがないかを手作業で確認

その他、こんな効果も!

■直感的に分かるインターフェースなので、年配の方でもすぐに操作に馴染める!
■管理項目の追加などカスタマイズも簡単にできる!
■保守費用なども含まれたリーズナブルな月額料金のみで利用可能!

中央職業能力開発協会
能力開発支援部 斉藤様

【導入前の状況】

独自システムをカスタマイズして使うも、複雑すぎて何が何やら…
しかも保守・バージョンアップ等の度に費用が発生し、数千万のコストになることも。

SQL関連のパッケージタイプのかなり古いものを使って業務管理を行っていましたが、複数の保守業者がカスタマイズを行ったこともあり、かなり使い勝手やインターフェースが複雑で、もう何が何だか分からない状況でした。

しかも、保守業者が変わるたびに移管費用がかかり、データセンター等も使っていたため、その場所代などでコストが数千万円もかかっている状況でした。

一時的にエクセルでの業務管理を行うも、手作業ゆえのミスや手間が増大、集計しても計算が合わないことが多々あり…

上記のシステムの利用が終了したのち、一時的にエクセルでの業務管理を行っていたのですが、手作業になるのでミスや手間が多くなりました。
また、エクセルのバージョンやフォーマットが、複数ある拠点間で統一されていないという問題もありました。

その他にも、月次で報告書を出すためにデータを集計するのですが、これも手作業での計算なので数値が合わず、毎月、報告業務がある日は何時間も残業しなければならない状況が発生していました。

働くDBによる解決

・リーズナブルな月額料金のみで利用できるので、大幅なコストカットを実現!
・視覚的に分かりやすいインターフェースなので、外部スタッフも含めてすぐに使える!
・DB同士が連動しているので、入力、参照、集計が簡単!

働くDBは、月額料金のみで利用でき、保守費用などは発生しないため大幅なコストカットに繋がりました。

また、インターフェースもアイコンなどが取っつきやすく、「どのボタンを押すと、何ができる」ということが視覚的に分かるので、マニュアルを読み込まなくても使うことができました。

外部のスタッフ、女性や年配の方でも分かりやすく、操作方法の説明も楽でした。

また、働くDBならDB同士が連動しているので、これまで同じ情報を複数のDBにそれぞれ入力しなければならないという状況から、一回の入力作業で済むようになったので、作業の手間やミスが減りました。 集計、報告業務がある日も定時に帰れるようになりましたね。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)