営業案件管理、受発注管理、進捗工程管理を効率化  クラウド業務改善ツール - 働くDB

導入事例:株式会社ロペライオ 様

車好きの方には堪らない高級輸入車の販売や修理保証制度(エクステンデッド・ギャランティ・サービス)の提供を行っている株式会社ロペライオ様。保証制度の業務フローに『働くDB』をご活用いただき、業務改善を図られていらっしゃいます。

ご導入企業プロフィール

株式会社ロペライオ 様
http://www.loperaio.co.jp
業種
輸入車新車/中古車販売および買取・修理業務ほか
従業員数
70人(2011年7月現在)
導入時期
2011年2月

導入前の課題

修理保証に関わる一連の業務がすべて紙。
ミスが起きても、どれが正しいのか、判断に苦労

ドミノピザ
お話を伺った
有料延長保証事業部
部長
松尾秀政 様

中古車の修理保証があることをご存じでしょうか? 新車の場合の修理保証はよく知られていますが、当社では、中古車向けの修理保証を商品として開発し、当社で中古車を購入されたお客様はもとより、300法人ほどの代理店を通じ、他の中古車販売店でも販売しています。修理保証プランは販売店ごとに異なり、さらに車種や年式、走行距離などによって、細分化されています。

従来は、この保証制度の営業から、申込受付、コールセンター業務、審査業務、修理対応、支払という、一連の業務フローがすべて紙ベースの帳票によって管理されていました。それぞれの業務で必要に応じてその都度エクセルやアクセスに手入力を行うという、二度手間三度手間がかかっていただけでなく、入力ミスも起こります。しかも、ミスが見つかっても、どこで起こったものなのか、どれが正しいのか、判断するのにもひと苦労。

旧態依然としたこれらの業務を、システムを導入することで解決しなければならないと感じていました。

【求める条件】

求めたのは、低予算で拡張性のある、業務を統合的・効率的に管理できるシステム

契約数が少ないうちは、従来のやり方でもなんとかしのぐことができたのですが、徐々に事業規模が当初の約10倍に拡大。今後さらに事業拡大していくことを見越すと、紙ベースの業務には限界があります。SFAやCRMの機能も網羅した、業務フローを効率よく統合できるシステムを導入するのが理想だと考えました。

フルスクラッチでオリジナルシステムを構築できれば一番いいですが、それには少なくとも数百万単位の費用がかかります。しかし、拡大途中の事業であり、多額の予算を投資することは現実的に考えて難しい。低予算で、かつ拡張性を持ったクラウド型のシステムがないかと知人に相談したところ、『働くDB』を紹介してもらい、すぐに問い合わせをしました。

【比較検討】

『働くDB』なら、低価格なのに、全体の業務フローが分断されずに網羅できる

私の頭の中では、「やりたいこと」の全体像が描けていました。お客様や代理店、車両、保証内容、修理パーツなど、中古車修理保証におけるすべての管理業務をデータベース化して、スムーズな業務フローとして構築すること。それが実現できるかどうかが、大きな判断基準でした。

こちらがやりたいことをラクスさんに伝えると、「できます」という返事。しかも、導入費用もランニングコストも低額で、当初予定していた予算の10分の1以下で構築可能ですから、「本当にできるのかな?」と疑問に思ったほどです。

他にCRMなどのパッケージソフトも検討しました。しかし、業務ごとに分断してしまい、全体のフローがスムーズにいかないものばかり。その点、『働くDB』は、データベースとして全方位対応という印象でしたし、フレキシブルに自分たちでカスタマイズできるので、想い描いている「やりたいこと」が実現できそうだと感じ、導入を決めました。

働くDBによる解決

エクセルやアクセス使用時に発生していた入力ミスや手間が大幅減!

『働くDB』の構築作業については、マニュアル読めばわかりますし、専門知識がなくても問題ありませんでした。作業途中で、メール連動の機能を活用すれば代理店に対する告知が効率よくできることに気づいたり、自分自身で学習しながらつくっていけます。

現状では、まだ一連の業務の基幹データベースとなる顧客管理の部分だけが稼働している状態なのですが、実際に『働くDB』の運用を始めて、それまでその業務を担当していた社員の作業負荷は激減しました。一連の業務の中でもっとも負荷が重かったのですが、まさに『働くDB』が、社員に代わって働いてくれていますね。

最終的には、業務全体で『働くDB』を運用する予定なので、社員何人分働いてくれることになるのか、期待しています。

働くDBで良かった理由

段階的に拡張できる高いカスタマイズ性があり、業務効率化に対する社員の意識も向上

今後、中古車修理保証における営業管理も含め、すべての業務を『働くDB』で管理する予定です。段階的に機能を追加するなど拡張できるので、無理のない計画的な業務拡大が可能です。

また、当初は私一人でカスタマイズ作業を行いましが、今では他のスタッフも「どうすれば効率化が図れるか、使いやすくなるか」を考えて手伝ってくれています。やり方さえ覚えれば、誰でも簡単に作業できますし、各社員が業務の効率化を意識することにもつながっています。

私は『働くDB』を、業務を効率化するための統合的な管理が効果的にできるものだと評価しています。導入前に想い描いていた「やりたいこと」が、確実に実現されていますから。それが、こんなに安価で導入できて、カスタマイズも自在にできるなんて、他にはない製品だと思いますよ。

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)