営業案件管理、受発注管理、進捗工程管理を効率化  クラウド業務改善ツール - 働くDB

働くDB お客様各位

2016/9/12
株式会社ラクス

「働くDB」Ver6.2をリリースしました!

株式会社ラクス サポートセンターです。
いつもお世話になっております。

平素は弊社サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
9月12日(月)に、「働くDB」のVer6.2を提供開始いたしました。

詳細は、下記の変更点一覧をご参照くださいませ。

バージョンアップに伴う変更点一覧

機能追加

■自動処理テスト実行
  自動処理設定画面で実際のレコードを使用してテスト実行ができるように
  なりました※1

■メール送信ログ機能追加
  メール送信履歴を確認できる画面を新規に追加し、送信結果が確認できるように
  なりました

■一時保存機能の制御
  一時保存機能の利用可否を制御できるようになり、一時保存ボタン、
  一時保存中タブの表示・非表示をDB単位で設定できるようになりました

■レコードの連続編集
  レコード編集確定後に次のレコードの入力画面に遷移することが可能に
  なりました

■レコード編集画面のページ送り機能
  入力画面設定に、「次へ」、「前へ」のリンクを追加し、ページ送りができるように
  なりました

■被リンクデータ登録
  リンク先DBのレコード一覧画面から、リンク元DBの新規入力画面を開くことが
  できるようになりました
    (例)案件DB(リンク元DB) →→→→ 顧客マスタ(リンク先DB)
                     リンク
  上記のような場合に、顧客マスタの一覧画面上から案件DB
  の新規レコード登録ができるようになります。

■CTI連携オプション:レコード編集画面にクリックコールボタン表示
  レコード編集画面にクリックコールのボタンを表示できるようになり、
  編集画面上から発信ができるようになりました

■API連携オプション:自動処理にhttp送信パーツを追加
  http送信パーツを使用することで、自動処理にて働くDBから外部システムへの
  レコード単位でのデータ連携が可能となりました※2

※1 受信メールからの自動処理については、新自動処理のみで実行可能。
  新自動処理への移行の際は、管理者設定>>システム設定>>全体詳細設定
  のように遷移し「新しい自動処理に一括切替」ボタンをクリックして下さい。
  上記ボタンが表示されていない場合は、既に新自動処理に対応している環境
  となりますので切替等を行う必要はございません。

※2 http送信パーツを含む自動処理は一括実行、タイマー実行できません。
  メールボックスの自動処理にhttp送信パーツは利用できません。

不具合修正

■自動処理のタイマー実行が異常終了する場合がある不具合を修正しました

■自動処理の登録、更新パーツで変更した働くDBファイル名がログに記録されない
  不具合を修正しました

■メールが大量にあるとメールボックスを削除できない不具合を修正しました

ラクス

おかげ様でラクスのサービスは、 クラウドサービス17,200社 レンタルサーバーサービス22,800社、のべ40,000社のご契約を頂いております。 (2016年4月現在)「楽楽精算」は、株式会社ラクスの登録商標です。

20000843(05)