販売管理、受発注管理、顧客管理を効率化  クラウド業務改善ツール - 働くDB

クラウド型業務システム構築ツール

2019/6/26

クラウド型の顧客管理システムを選ぶポイントとは?

クラウド型の顧客管理システムを選ぶポイントとは?

こんにちは!「働くDB」コラム担当です。
顧客とのより良い関係を構築するために、クラウド型顧客管理システムを導入する企業が増えています。一方で、導入の検討はしているが、クラウド型顧客管理システムの種類が多く、どれが自社に適しているのかよく分からないとお悩みの担当者もいらっしゃることでしょう。そこで今回は、クラウド型顧客管理システムを選ぶ時のポイントをご紹介します。導入を検討する際に、ぜひ参考にしてみてください。

失敗事例

「クラウド型顧客管理システムなら、どれも似たようなもの」だとイメージされている方がいらっしゃるかもしれませんが、機能や使用感はそれぞれのシステムによって異なるのです。そのため、例えば「安いから」などの理由だけで導入を決めてしまうと、自社の業務には合わずむしろ効率が悪くなってしまった、という事態になってしまいかねません。

例えばこちらの事例では、導入のコストが安いことなどから利用開始したものの、一部分の更新インポートができない、何度も同じ情報をテキスト入力する必要があった、アプリ内の詳細な検索ができないといったトラブルが生じています。その次に導入した高機能なシステムでも、画面構成や仕様に馴染めず効率化には繋がらなかったようです。

この事例のように、自社に合わないクラウド型顧客管理システムを導入すると、思うように業務に取り込めない結果に終わります。では、どのような点に注意してクラウド型顧客管理システムを選ぶと良いのでしょうか。次に、選ぶ際のポイントをご紹介します。

クラウド型顧客管理システムを選ぶポイント

自社の業務に最適なクラウド型顧客管理システムを選ぶためには、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。合わないシステムを導入してしまわないために、検討の段階から確認しましょう。

課題を明確化する

自社が現在抱えている課題、解決すべき課題を明確にします。課題が漠然としたままでは、その解決のために導入されるクラウド型顧客管理システムの選び方も漠然として定まらないものとなります。まずは、クラウド型顧客管理システムの導入によって解決したい課題を明確にしましょう。

目的を確認する

課題が明確になったら、次はクラウド型顧客管理システム導入の目的を確認します。「課題の明確化」と混同しやすいですが、目的とは「どうしたいのか」というアプローチのことです。課題解決のためのアプローチとしてとるべき手段を考えてみましょう。アフターフォローを取りこぼしなく行いたいのであれば顧客管理システムに特化したものが適していますし、営業力を向上させたいのであればSFAの機能も備わっているシステムの導入がおすすめです。このように、目的によって選ぶべき顧客管理システムは変わります。

求める機能をピックアップする

課題と目的が明確になれば、それらを実現するために必要になる機能をピックアップしましょう。例えば顧客の分析をする場合は、それぞれのシステムの分析機能に注目して比較します。「時系列の分析はできるか」「購入者の情報をどこまで分析できるか」など、必要としている機能を有しているかを深堀して確認しましょう。必要な機能についてそれぞれ確認していき、条件を満たしていないものは候補から外していくと選びやすくなるでしょう。

無料体験で現場の声を聞く

必要な機能がシステムに備わっていても、現場に定着しなければ、意味はありません。そのため導入候補のシステムをある程度絞ったら、無料体験を利用して現場の反応を確認してみると良いでしょう。画面構成や使用感は実際に運用してみないとわからないポイントですから、無料体験は非常に重要です。これによって、導入後もスムーズに運用を開始できます。

ロジックツリーの活用

クラウド型顧客管理システムの導入にあたり、解決したい課題や導入の目的などを明確化することの重要性をご説明しました。しかしそれらを明確化するには、どうすれば良いのでしょうか。そこでここでは、課題の原因解明や解決策立案に有効なロジックツリーをご紹介します。

ロジックツリーとは

ロジックツリーとは、課題の要因を細かく分解して階層ごとに整理し、根本的な原因とその解決策を模索するという手法です。目安として、少なくとも5階層までは掘り下げることで効果の発揮が見込めます。例えば「お金がない」という課題に対して、「無駄使いが多い」「所持金を確認しない」「給料が低い」のように分解して整理し、次の階層でもそれぞれを掘り下げます。こうして、論理的にずれることなく思考できるようになります。

ロジックツリーの種類

ロジックツリーは大きく2種類に分類することができ、それぞれ「原因究明(WHY)ツリー」「問題解決(HOW)ツリー」と呼ばれます。それぞれ、クラウド型顧客管理システムの導入の際に必要な「課題を明確にする」「目的を確認する」というステップで非常に有効に活用できます。この段階でロジックツリーを使えば、自社の業務に最適なシステムを選ぶことができ、「導入はしたが周囲が納得してくれない」「業務に合わず使われていない」といった事態を回避できます。

まとめ

クラウド型顧客管理システムを導入する企業が増えるにつれて、提供されるシステムの種類も増えています。選択肢が多いことはメリットのように感じますが、一方で自社に合わないシステムを選んでしまう危険性があります。そうならないためにも、検討段階でロジックツリーを活用し、最適なクラウド型顧客管理システムを選びましょう。

働くDB

株式会社ラクスのロゴ

「働くDB」は株式会社ラクスの登録商標です。
おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス36,600社 レンタルサーバーサービス22,826社、
のべ59,426社のご契約を頂いております。 (2019年3月末現在)